01.建物好きブツブツ

アラブから見た日本

170808blog02

2017.08.08.

昨年、サウジアラビアのムハマンド副皇太子が来日され天皇陛下と会見された時の写真が、素晴らしいと話題になったことがある。

アラブ圏の方々からの言葉として、『この空間が、日本の最高のミニマリズムを表している』、『装飾がほとんどなく、空間の謙虚さが美しい』などと紹介され、『どうだ!これが日本だ!!』という気持ちなった・・・。

もちろん皇室自体の素晴らしさや、サウジアラビアと日本との友好的な関係性などの理由があるのだろうが、その辺りは誰かに任せる・・・。ともかく、ずいぶん長く建築を勉強してきたものとして、このお客様をお招きするためのとてもシンプルな空間が、本当に素晴らしいと感じるようなった。

そして、この空間の程よくあか抜けた『良い意味での抜け感』を作っているのは、左側の窓だと思う・・・。

おそらく大切なのは、正面の窓と左側の窓が隣接(連続)していること。もしここに、正面の窓しかなかったら、この空間の方向性は正面の窓だけの1本のベクトルになってしまう。正面の窓のすぐ脇左側に連続するように違う方向の窓があることで、ここに座る方々の感じる世界が、突然とても大きく広がるように思う。

また、右側に窓がない事で、右側はハッキリと上座になっている。招かれたお客様は少ながらず緊張感や不安があるのもだけれども、左側に大きな世界に広がる窓がある事に対して右側に外界の刺激から守るような壁があることで、とても大きな安心と落ち着きを与えられることになるだろう。

華美な装飾の無い空間とは、装飾を重ねる事によって招待側の顕示欲を出すことで相手を歓待するのでなく、あくまで徹底的に招かれる側の心に寄り添って、その方の歓びと幸せ感を引き出そうとする姿勢だよね。

私が和モダンが好きというのは、こういう事かもしれない。外国に住んだからこそ感じる和の良さだと思う。

歳くったな・・・。毎日、こんなことが考えているなんて・・・ブツブツ・・・・・。

by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

夏はエアコンを点けっぱなしにする?

170725blog01

2017.07.25.

 

必死で仕事をしているが、朝から瞼が重い・・・(-_-)zzz。暑くて寝られなかった夕べの深夜。今朝の時点でも、室温は29℃で湿度が90%。あまりの暑さと汗の不快感で目覚めることになった・・・。

 

我が家は就寝時にエアコンを掛けないのだが(普段もあまり掛けない)、また毎年の論議の記事が出てきた。エアコンは点けっぱなしの方が良いのか、消した方がいいのか・・・。添付のアドレスは、エアコンメーカーのダイキン工業がまた実証実験を行ったというもの。この記事では、結局は30分おきに入切をした方が135円お得だという・・・。

 

最近、メディアが発する情報は信じられないという事が良くわかってきたのだが、この記事は何のための記事なのか。

 

条件がマンションの南向きの部屋2室を使って、朝の9時からの実験だとのこと。ある意味、条件が良すぎる。戸建住宅のように、屋根が日中の太陽熱にさらされるわけでなく、おそらくコンクリート製である界壁(隣の部屋との戸境壁)は、夜の内に十分下がった温度が上がってしまう前に、隣家のエアコンによって十分に冷やされている。

 

この時期に、戸建て住宅で、昼の12時から18時までエアコンを30分ごとに入り切りすればどうなるだろう。ともかく、強烈な日射が建物を包み、屋根・壁・床の温度を適温まで下げる事がなかなか出来ず、エアコンはずっと高馬力を掛けっぱなし。連続で掛けていればまだ数時間で躯体の温度は下がるが、30分ごとに切ってしまうと、毎回0からスタート、もしくはマイナススタートだ。

 

公表するなら、ある程度のパターンを想定して、複数データを出して並べてもらいたいものだ。結論ありきで、一方的に情報発信をするのは、結局は都合のいい情報だけを出すことになり(実はメディアはずっとそうしてきたんだろうが・・・)、それがその人(その会社)の意見だという事で済めばいいが、大きな力が後ろから情報コントロールし『情報戦争』を仕掛けているとしたら、メディアは一つの兵器になってしまう。(あっと、それは政治の話か・・・!)

 

一方で、この実験のパターンでは、エアコンを点けっぱなしとすると一日35円の電気代UPになるという事だが、それならば、やはり点けっぱなしにするべきなのかもしれない。機械空調で快適を求めるなら、点け消しのストレスと、実際の不快時間を減らすことはとても重要だろう。

 

ただし、ここまでの話は、温度と湿度から導き出される不快指数のはなし。

 

深い庇の奥に下がる簾がゆっくり揺れる様子を眺めたり、ガラスの風鈴の涼やかな音を聴いたり、いやもっと現実的・建築的なことを言えば、風は建物に入る入り口よりも出口を優先して計画し、3つの首(首・手首・足首)のところに風が抜ける巧妙な間取りを作ることや、リビングに低めの吹抜けを作り、その吹抜けの部分をわざと暗くして少し遠くに光が抜ける部分を作る事で、視覚的に空気の流れを感じさせて涼やかさを演出するなど、建築屋さんは、機械屋さんと違うところで勝負してほしいと思う、今日のこの頃・・・。

 

このトップの写真は、『大清水の楽屋(おおしみずのらくや)』。昨年は、8/1の時点でも、まだ一度もエアコンを点けていないと、クライアント様が大いに喜んでくださった・・・。

 

私の話も、話が結論に向けて偏ったことばかり言っているのかな・・・ブツブツ・・・・・。

 

by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

ただ気になるだけ

170504blog001

2017.5.4.

ペーパーホルダーが2連に並ぶ。なんのためなのか・・・。

私も最近はこれを提案するようになった。

横幅が大きいために、用を足す時にスマホなどを置きやすいし、これ、結構荷重をかけても大丈夫なので、高齢者などいろいろな理由で立ち上がることが少し困難な方にも、グッと手を掛けて支えにすることができて、とても助けになってくれる。

各社でいろいろな商品が出ているが、正直、格好の良いものが少ない。

TOTOやLIXILなどではなくKAWAJUNのような金物専門メーカーならば、それなりにクールなものがあるが、逆にその他の周りのもの・・・この写真のようにウォシュレットのスイッチとか・・・との意匠が合わず、大きいだけに非常に浮いてしまう事がある。

そんな理由で、最近は素直に、存在感の薄い白いダブルを提案するようになった。

それはさておき、なぜダブルなのか。

結論は便利だからなのだが、その便利の一つの理由は、片方がなくなっても大丈夫・・・!!という事。

しかし、いろいろな方の家に行くと、結構両方が同時に減っている・・・。両方が全く同時になくなることはないだろうけど・・・。

ひとんちのペーパーの減り方に、あーだこーだ言う男は、ほんと小さい!・・・と思うが、普段から人の生活・行動をジッと考える仕事なもんだから、気になって仕方がない・・・。

ウチは、シングル。そんだけの話・・・ブツブツ・・・・・。

by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

ダイニング丸テーブル(宮崎椅子製作所)

170503blog01_2

2017.5.3.

ゴールデンウィークに休みがあるのが無いのか、よくわからない感じの小さな設計事務所経営者だが・・・、今日は、息子のサッカー試合の送迎に桑名へ。

試合会場の中学校が、ちょうど大好きな家具屋である『コンフォートマート』さんの近くだったので、ゆっくり立ち寄った。

今度の物件でも提案している、ダイニングの無垢の丸テーブル。有名な『宮崎椅子製作所』さんの物。

写真に写っているのは、ナラ材。他にサクラやホワイトアッシュなど、いろいろな材料で作ることができ、やはりそれぞれに風合いが違う。

もともとは3本足のハズだけれども、コンフォートマートさんでは特別に4本足をお願いして作ってもらっているという。信用と実績がある証拠だな。

それにしても、意外に安かった。意外すぎるほど・・・。このテーブルで12万円前後だと・・・!!

イスは『カールハンセン&サン』の有名な『Yチェア』。これは、それなりに高い。7.6万円。でも、やはり、格段に座りよく、デザインも素晴らしい・・・!不朽の名作。私も大好きだ。

テーブルがこんなに安いなら、イスを頑張れるな・・・。

出来る事なら、当事務所にもそろえたいが・・・そんな余裕はないか・・・。

いつも、人の分だけ考えるのが、さびしいなぁ・・・ブツブツ・・・・・。

by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

造園家・荻野先生の本

170502blog02

2017.05.02.-002

先日、造園家・荻野寿也先生の新しい本が届いた。エクスナレッジ社の木藤阿由子さんが監修したもの。

建築は、環境にマッチして初めて素晴らしいものになり、その意味で本来は、造園は建築に欠かせないものと言える。しかし、なかなか建築士としてその具体的方向性をハッキリ見る事・見せる事が難しい。

荻野先生は、実に建築家の目線に近いところからわかりやすく説明してくれる人。

建築家・伊礼智先生の縁で、何度か荻野さんにお会いして、一緒にお酒を飲む機会があった。もちろん、荻野さんが作られたお庭も、ずいぶんたくさん見た。

造園に対するまっすぐな心と、古い考えに囚われない手法、そしてよく草木の事を理解した技術は、本当に勉強になるし、お話も引き込まれるようで面白い。

今回の本は、『伊礼建築』と『荻野庭』を知り尽くした建築知識ビルダーズの編集長・木藤さんが、その集大成というか、お庭を中心に住宅のあり方をまとめてくれたものと考えてもいい。実に面白く、役に立つ内容だった。

ただし、本だけを読んでも、なかなかハウスメーカーではマネできない事が多いかも知れない。専門家ではない営業マンが基本計画をしたり、効率を優先させることを指示された若い担当者に任せてしまうメーカーでは・・・。

建築と庭を分けずに一体に考えながら、さまざまな知識と技能をフルに使わなければ難しい事ばかりかもしれないという事だ。

170502blog01

さて、04.のページでいきなり、以前酒の席で2回も怒られた『ケヤキを建物の近くに植えてはいけない!』という言葉。ウチの中庭のケヤキ、もう植えて10年になるんだけど、結局どうしたら良いんでしょう・・・ブツブツ・・・・・( ̄▽ ̄)‼︎

by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

70cm角の窓

170426blog001

2017.04.26.

以前から何度か書いているけれども、自宅の2階リビングにあるこの70cm角の窓が好きだ。

特にケヤキの葉が鮮やかな新緑色となるこの季節。今日のように雨の日も良い。

特に素晴らしい眺望が見えるということでなく、窓建具自体も最も安価で中央に方立が立ってしまう引違いのアルミサッシ。

ただそこに、生活の中での自分の範囲を越えない普通の景色がある。緑の向こうに木製のフェンス、赤茶色の外壁・・・。

暮らしの中に好きな窓を持っているという事は、なんと素晴らしい事だろうか。

良い窓を作ろう・・・ブツブツ・・・・・。

by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

ピョンヤンのすごい都市計画

170417005

今話題の『ピョンヤンの街の高層ビル群が、ただのハリボテじゃないか!!』という話。

面白そうなので、GoogleMapで散歩してみた。(と言っても、さすがに北朝鮮では、ストリートビューは見せてくれないが・・・。)

外国からの旅行客などが必ず通るであろう街の中央を横切る大きな道路を挟むように、たくさんの高層マンションが立ち並んでいる。

170417004

すごい!!

しかしこれは、ハリボテなんかではない・・・。

うっす~いけど・・・!!

大きいからわかりづらいけどれども、ワンルームマンションが並ぶほどの厚みはありそうではないか・・・。

170417003

考え方を変えれば、これは国力を大きく見せるための、れっきとした都市計画だ。

巨大で薄っぺらい建物に囲まれたスペースには、まだ普通の低い家などがあるようだけども、それらの日照なんて関係ない。

土地は国の物であり、その国がいかに強いかを見せるための都市計画は、何よりも優先されるべきである・・・。(私の考えではないからね・・・!)

170417002

ただし、聞くところによると、すぐに停電するとか、高層だけどエレベータが動かないとか、さまざまな問題があるそうではある・・・。その他の設備も、給水もさることながら、排水も危なそうだな・・・。

それに、少なくともこのような強引な縦横比の建物が、安全上、構造上、確実に建てられているのか・・・・・なんてことは、考える必要なしか・・・。

170417001

『建築』は、そこに住む人々の文化・風習と気候などの自然現象との戦い・工夫など、長い長い歴史の中で培われた複雑な要因があって初めて形が作られる。

私は、20年前にスペインに渡って切実にその事を感じ、帰国してからは、今の日本で建てる住宅には、和モダンの要素を取り入れるべきと思うようになった。住宅は、建築家のマスターベーションで建てられるものではなく、『ここで住む人が幸せになる為の家』であるべきだからだ。

長い時間をかけて培う文化や経済的な発展による国民生活の向上を無視し、他の国でいう数十年を吹っ飛ばして建築を行うと、こうなる・・・。

しかし、やはりこれは、国家が考える都市計画であることに、違いない・・・ブツブツ・・・・・。

by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

強い杉フローリングは・・・

170208002

営業のために新製品を送ってくれることがよくある。今回は、杉の300角のタイル状フローリングとでも言うようなもの・・・。

しばらく考えたが、申し訳ないがやはり使う予定がないので、細く割いて薪ストーブの着火剤にしようと考えたのだが・・・。

四方にサネがあり気が付かなかったが、繊維方向を交差させた3層積層材だった・・・。

普通なら軽く斧を落とすだけでサクッと割れるものが、振りかぶって思いっ切りブッ叩いても割れず・・・。それだけ強いフローリングだという証拠になりました・・・。

さて、そんな変化・変形のない杉の床材・・・。裸足の足裏が触れるところにそれでは、逆に愉しくないような・・・。

やはり、ウチの設計には要りません・・・ブツブツ・・・・・。

| | コメント (0)

もしかしたら、たのしい・・・だけでもいいんじゃないか?

170205blog004

20歳の時にアメリカ・シアトルでの生活に使っていた車。ポンティアック・ファイヤーバード。上位車で、一部のファンに絶大的人気の【トランザム】が欲しかったが、まだ若く、ともかくお金もない立場で、安く譲ってもらえる話に飛びついて買った。

ノーズが長く、ホイールベースも長く、曲がらない。5Lのエンジンも、トルクフルではあったが、それほど速くはない。もちろん燃費は悪い。

シートは、リクライニングしない。荷物もあまり乗らない。バックミラーではほとんど後ろが見えないし、最大部で厚さ20cmもあろうかというデカいドアは、坂の多いシアトルのダウンタウンで駐車すると、重すぎて開かない・・・。

しかし、ただただ乗っている事が楽しかった。重い車体を後ろからドッと押し続けるような感覚が・・・。曲がり角で長いノーズのずっと先の方から曲がるその感覚が。

毎日乗るたびにゾクゾクっとした。この鉄の塊を、広大な大地の真ん中で、デパートの駐車場で、自分の力で動かしているという感覚がたまらなく好きだった。

車だけでなく、家だって、性能だけが幸せの素ではない。

プリウスに乗りたい人はそれでいい。Nボックスに乗りたい人もそれでいいし、エルグランドの大きさが欲しい人もそれでいい。そこにその人の幸せがあるなら・・・。

他人さんに迷惑をかけるような建物なら、それは初めから論外として、住んでいる事が・・・、住んでいるその瞬間・瞬間が楽しい家がいい。

やみくもにデカいアメ車がいいなんて、そんな話ではない。ただ、その人それぞれに合わせた『居心地』を大切にする家。

ある瞬間、ニマっと笑ってしまうような幸せ感のある家。

そんな家を作りたい・・・ブツブツ・・・・・。

| | コメント (0)

赤富士の見える家・・・作ったなぁ

161015fuan001

素晴らしい写真が、住まい手様から届いた。2012年12月にお引渡しした、富士宮の【富庵】のオーナー様。家の前から撮った『赤富士』だ・・・!
 
【富庵】は、建物の真正面である東に、富士山だけを手の届きそうな目の前に見る事ができる眺望。
 
朝日が山頂からゆっくりと顔を出す≪ダイヤモンド富士≫も、月が頂に乗るような≪パール富士≫も見る事が出来る最高のロケーション。
 
そして、朝霧高原に日が沈む時間、このような素晴らしい≪赤富士≫までも見えてしまう。
これは、写真送られてきた日2016年10月15日の夕方だと思う。
 
161015fuan002
 
もとより、この眺望に惹かれて住まい手さんが購入した土地。富士山は建物に対して真東の向きであるから、南の光をどのように取りながらこの眺望を我が物とするのか、ずいぶん悩んだ。プラン変更で、5回も模型を作り直したのは、後にも先にもこの物件だけだった。
 
161015fuan003
 
工事がちょうど夏から秋にかけてで、夏の間は雲が多くてなかなか綺麗に富士山が見えない。当アトリエからは270kmもある場所だけに、監理も2週間から3週間に1度しか行けなかった。
 
161015fuan004
 
引き渡し直前ごろから富士が綺麗に見えるようになり、現場監理に行くと言うよりも、素晴らしい富士の姿を見に行くのが楽しみだった。
 
161015fuan005
 
何はともあれ、こうやってオーナー様から最高の日常を送ってもらえるって、本当に幸せだ(^O^)!!
 
今でも、連絡をするたびに、いかにこの家が気持ちがいいか、楽しいかを語ってくださる。
 
本当にありがとうございます・・・!っと、私も心の中で繰り返してしまう・・・!
 
161015fuan006
 
ホントは、こんな素晴らしい場所、季節ごとに泊まりにでも行ければなぁ・・・!
 
161015fuan007
 
計画してきた建物は、すべて思い入れが強く、本当に自分の子供のような場所であり、気分的には自分の最高の住処を作ったような気持ちになっている。
 
しかしまぁ、当然引き渡ししたら人様のものだからね・・・。
 
意外に、こんなもどかしさがあるんですよ、住宅設計士って・・・ブツブツ・・・・・。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧