« 上を向いて歩こう | トップページ | マンション和モダンリノベーション »

葦戸(よしど)は、夏の知恵。涼しや。

160803005

伊勢内宮前のおはらい町にある【五十鈴茶屋】。毎月の朔日参り(ついたちまいり)の後、3回に1回くらいでちょいと寄る。子供たちと一緒にという事もあるが、たいていは一人。そして早朝・・・。

特に珍しいところでもないかもしれないが、早朝となると人もあまりおらず、小さな庭園を独り占め。もの想いにふける自分に・・・酔える・・・。

160803004

さて、こちら、夏になると障子戸や襖を『葦戸(よしど)』に入れ替える。葦を組子の間に入れた、夏の仕掛けだ。

昔ながらのお家では、衣替えの季節、6月の声が聞こえる頃、襖・障子を≪葦≫や≪竹≫などを入れた『簾戸(すど)』に変えていた。

160803002

『葦戸(よしど)』とは、『簾戸(すど)』というジャンルの中で、葦(ヨシ)で作られるもの。

ちなみに『葦』は、≪ヨシ≫とも≪アシ≫とも読むが、ヨシは中が空洞になっているもの。アシは、中が詰まっていものらしい。

アシは≪悪し≫だそうで、虫がつく。もちろん、ヨシの方がいい。

160803008

五十鈴茶屋、秋から春までは、このように障子が入っている。もちろん、これはこれで、古き良き日本らしく、趣がある。

160803007_2

しかし、葦戸(よしど)になると、やはりとても涼しく感じる。

日本の夏が暑いのは、今に始まったことではない。その暑さを、視覚的に、そして心で涼しくする方法が、この国の建築にはいろいろあるのだ。

数字では、決して表せない涼しさ、そして清々しさである・・・。

160803006

今日も、白髪交じりのヒゲ面のオッさんが、ひとりお抹茶セット・・・。水まんじゅうがとても冷たくて美味しい。

でもまぁ、オッさんがひとりで自分に酔っててもねぇ・・・ブツブツ・・・・・。

|

« 上を向いて歩こう | トップページ | マンション和モダンリノベーション »

01.建物好きブツブツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上を向いて歩こう | トップページ | マンション和モダンリノベーション »