00.アグラ設計室

久しぶりのテンポ!

181009blog01

2018.10.17.
 
久しぶりに店舗のデザインの契約をいただいた。小さな美容院だ。
 
長い間店舗をやっていないので、申請が必要なのかどうかも忘れてしまったなぁ・・・( ̄▽ ̄)!!(笑)
 
マジメな話、こういう1階のテナントは、初めて。
 
昔の物件は、床が土間でなく『土』だった事にビックリ!確かに構造的は成り立つし、これから配管などをするにも簡単に埋設できるので、床を上げる必要もない。
 
まぁ、良し悪しの本当のところは分からないが。湿度が怖いし・・・。
 
ともかく、面白いものを作りたい。住宅以外の物を作るのも、タマには良いかもしれないな。
 
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

すっごい清々しい、秋!

181008blog01
 

2018.10.08.

 
またまた、非常な忙しさにかまけて、ブログを3ヶ月も休んでしまいました。それでも地味にカウントが伸びているのは、ありがたいような、申し訳がないような・・・。
 
書きたいネタは、本当に山のようにあるんだけども・・・( ̄▽ ̄)!!
 
インスタグラムは、毎日更新しています。住宅作りのアイディアを少しずつUPしているので、お気持ちのある方は、そちらも見てくださいね。
今日のこの地方は、秋晴れ。台風のために、10月としては暑いけども、やはり10月は清々しい。
 
この写真のお宅は3月に完成したもので、木々に緑も付き、芝生もすかっり青くなっています。お嬢さんが遊ぶ姿が、とてもまぶしいですよ・・・!
 
by agra (バイアグラ)
 
アグラ設計室公式インスタは、これ!これは、本当に役に立ちますよ!
https://www.instagram.com/agradesignroom/

| | コメント (0)

玄関って、一番大切だということを忘れない

180716001a1

 
2018.07.16.
 
両家のご両親が初めての節句の時に『兜』や『弓』『羽子板』『人形』などをくださる。
 
皆幸せで、とっても嬉しいんだけど、家を建てる時になって『どうしよう・・・』と困ることが・・・。
 
玄関に間仕切りの造作家具。向こう側は靴の脱ぎっぱなしも気にならない家族玄関。
 
ここに入れると、皆がすごく喜んでくれて、ずっと『ジャマ』にならない。ホコリもかぶらない。魔法のつい立・・・( ̄▽ ̄)!!
 
by agra (バイアグラ)

|

涼しそうなカット

180715ins02

 
2018.07.15.
 
お庭は純和風の既存の物を、新しい和モダンな建物に合わせて少し手を入れただけ。
 
ただ足が少し不自由になった施主様が、昔から大好きだった庭の樹々に裸足のまま直接触れられるようにしました。
 
大切な物は残し、これまで以上に暮らしに取り込む工夫です。でも、雑草があまり生えないようにもしていますよ。
 
by agra (バイアグラ)

|

agra-Instagram(アグラインスタ)始めました!

180607blog01

 
2018.06.07.
 
先月から、アグラ設計室のインスタを始めました。
 
というか、実は、以前からページは作ってあったんですが、たくさん画像データを保存しいるPCからUPしたくて、でも遣り方がわからず動かしていなかったもの。
 
ここでは、できるだけ毎日、いろんな住宅のアイディアをUPします。
 
基本的には、アグラ設計室の物件写真を上げますが、掲載が可能なものなら、アグラが本当に素晴らしいと思う建築もUPしていきます。
 
ホームページもFacebookもありますけどね・・・。アイディアの写真だけをパッと見るには、instagramの方が、画像がすぐにたくさん見れて簡単ですから。
 
180607blog02
 
アグラ設計室公式インスタグラム;
https://www.instagram.com/agradesignroom/
 
ただ、またフォローの増やし方とか、わからないんですよね~。Facebookとは違って、友人でない人からどんどん『♡マーク』はいただけるんだけど・・・。
 
みなさん、フォローお願いします・・・ブツブツ・・・・・( ̄▽ ̄)!!(笑)
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

伊礼智先生物件を丸1日味わう

180529blog01

 
2018.05.29.
 
先日、日本を代表する住宅建築家『伊礼智』先生から、なんとも嬉しい機会を頂きました。超大手建築雑誌社から、3年程前に完成したある住宅の掲載依頼があるのだが、掲載用の写真撮影に設計者の代理として立ち会ってほしいと・・・。
 
最近は、万が一の施主様と雑誌カメラマンとの間のトラブルを避けるために、取材時に設計者立会いを求められることがあります。特に大手雑誌社は、この辺りをキチンとわきまて設計者にお願いするのですが、本当に有名な先生は日本中に物件があるため、現地に自分や所員を回せない時もあります・・・。写真撮影となると、雨天では延期とするために、予定を抑えるのも難しいと・・・。
 
180529blog02
 
今回のこの建物は、アグラ設計室アトリエがある四日市から車で30分程度の鈴鹿市にあります。そこで、住宅デザイン学校のOBの私に白羽の矢が立ったということです。
  
住宅面積として25坪ほど。しかしながら、何とも贅沢な気分させてくれる建物です。
 
交通量の多い通り沿いにあり、北と西の道路に面すというのも、あくまで良い条件ではありません。しかし、それにも関わらず、内と外を巧みに繋ぎ、西日が暑いという感覚もまるでなく、静かに落ち着いて、何か余裕を持って暮らすことできる・・・そんな素晴らしい住宅です。
 
180529blog03
 
実は3年前にこの建物が完成した時にも、見学をさせてもらいました。その時点でも、設計というもののレベルの違いを感じ、本当に感動しました。
 
でもその時は、どうだろう、長く居たつもりでも1時間くらいの見学。見学会というのは、もちろん、他にも多くの来場者がいますから、建物の納まりを見る事は出来ても、実際の空間を感じ、設計者と施主の意図を完全に理解するのは難しいものです。
 
今回は、朝の光・昼の光から夕景まで撮影したいという雑誌社の希望。施主様とカメラマンと私の3人だけで、時間の移り変わりをたっぷり味わう事ができました。なかなか普通の見学では、これは体験できません・・・( ̄▽ ̄)!! 正直、難しい仕事がある訳でなく、ただただ幸せでした・・・!
 
180529blog04

造園は、有名な造園家の荻野寿也さんのもの。小さな庭が複雑に、そして活き活きと絡み合うのですが、いつものように伊礼建築にぴったりフィットして最高です。荻野さんも、庭で暮らしを楽しくする方法をよく知っています。

伊礼先生の建物も、荻野先生の建物も、決して完成した後に何もしない楽な建物ではありません。しかし、ここに3年住んだ施主は、とても楽しそうでした。建物と庭をキープ維持をする事を楽しみ、そして変化自体を楽しんでいるようでした。
 
そういう気持ちにさせるんですよね、良い建築と、良い建築家・造園家は・・・ブツブツ・・・・・( ̄▽ ̄)!!

by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

平屋に見える2階建ての家

180518blog01

2018.05.18.
 
Instagramを2種類とFacebookを2種類やっていると、なかなかブログが進みませんねぇ。前回から、また1ヶ月経ってしまった。ネタは、ホントに山ほどあるんですけど・・・。
 
ブログでしかアグラ設計室の事を知らない人には、仕事をしていないかと思われますよね。毎日バタバタと、非常に忙しくしています。特に、今年は自治会自主防災隊隊長と、さらに自治会会長も兼務しているため、いや、逆に、本業は十分に出来ていないかも・・・。
 
先日完成した【灯の家】も、写真も上がってきて、とても良い評判を頂いています。施主ご主人の始めの希望に『平屋』というキーワードがあって、面積的に平屋は難しかったのですが、このように、平屋に見える2階建ての家となりました。
 
隣家や近隣の中でも特に屋根が低いのですが、でもだからこそ、存在感があります。やっぱり、他にはない建物になりました。
 
早く、もっと緑が付いてほしい!最高に気持ちいい家になりますよ・・・ブツブツ・・・・・。
 
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

和紙の照明

180416blog01

 
2018.04.16.
 
『灯の家』の家が3月24日に完成したけれども、なかなかブログが書けない・・・。あれからずっと、怒涛の忙しさが続いてしまい・・・。
 
Facebookでは、毎日のように何か簡単な記事を更新しているので、ご興味の方は、そちらを見てください。まぁ、本当は同じようにブログに書かなければならないんですけどね!
 
Facebookは、アグラ設計室のHPから簡単に見れるようになっています。
 
180416blog02
 
さて、FBにも書いた記事ですが・・・。
 
昭和時代の部屋の照明は、蛍光灯器具を天井に直付けする方式が主流でした。蛍光灯であれば、空間すべてを比較的均一に照らします。
 
ただし、蛍光灯であってもそれほど器具の値段が安いわけでもなく、そして『箱』として区切られた部屋の床壁天井すべての場所を照らしてしまうと、実は意外に落ち着き感が無い部屋になってしまいます。
 
同じ程度のコストでも、楽しい器具を使い、照明の重心を下げてみてください。重心を下げるとは、照明器具を(天井でなく)壁面や空中に持ってきて(ペンダント式)、必要なところのみを照らすようにする事です。
 
天井辺りは暗くします。しかし光源の位置が下がるので、ランプの数を増やしたとしても、照度の低い器具でも十分に明るくなります。すると、部屋に落ち着き感と高級感が出てきます。そして、日中の疲れをリラックスさせる雰囲気が出てきます。
 
写真のような和紙のシェードのもの等、お気に入りの照明器具が目につくところにあると昼間でも楽しい気分になり、電気を付けていない時も価値あるランプになりますよ・・・ブツブツ・・・・・。
 
あっと、【灯の家】の完成写真が、もうすぐ出来上がってきます。それは、改めてアップします・・・!
 
by agra (バイアグラ)

|

灯の家、いよいよ

180308blog01

2018.03.08.

内部が、ほぼ終わった感じ。明日から『ダメ直し』です。

外構造園が、あと1週間かな。

週末にはクリーニングをして、来週は検査三昧。

再来週はもう少しダメ直しをして、写真撮影して、週末にはオープンハウス(完成見学会)。

そして、いよいよ引き渡し。

早くいろいろな写真をお見せしたいところです・・・!

しかし、また娘を嫁に出します。

今回の娘、特にかわいかったな・・・ブツブツ・・・・・(*´Д`*)!!

by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

この家の名は。

180301blog01_2

 
2018.03.01.
 
アグラ設計室の物件には、いつもそれぞれ名前を付ける。
 
創り手(住まい手)と、造り手(家を造ってくれる職人さん達)と、作り手(建築家)が、一つの建物を只の物件として流さず、皆がベクトルを同じにして、そこでの心地良い生活を想像しながら完成させてほしいからだ。
 
各々の名前には、もちろん特別な意味がある。ただし、これはここでは説明できない。『想い』だから。
 
もうすぐ完成するこの家の名は、【灯の家】。この名前には、いろんな想いがこもっている。
 
180301blog02
 
3/24(土)は、オープンハウス(完成見学会)。そこでなら、いろいろな想いも、お伝えできるかもしれない・・・ブツブツ・・・・・( ̄▽ ̄)!!
 
by agra (バイアグラ)

|