00.アグラ設計室

平屋に見える2階建ての家

180518blog01

2018.05.18.
 
Instagramを2種類とFacebookを2種類やっていると、なかなかブログが進みませんねぇ。前回から、また1ヶ月経ってしまった。ネタは、ホントに山ほどあるんですけど・・・。
 
ブログでしかアグラ設計室の事を知らない人には、仕事をしていないかと思われますよね。毎日バタバタと、非常に忙しくしています。特に、今年は自治会自主防災隊隊長と、さらに自治会会長も兼務しているため、いや、逆に、本業は十分に出来ていないかも・・・。
 
先日完成した【灯の家】も、写真も上がってきて、とても良い評判を頂いています。施主ご主人の始めの希望に『平屋』というキーワードがあって、面積的に平屋は難しかったのですが、このように、平屋に見える2階建ての家となりました。
 
隣家や近隣の中でも特に屋根が低いのですが、でもだからこそ、存在感があります。やっぱり、他にはない建物になりました。
 
早く、もっと緑が付いてほしい!最高に気持ちいい家になりますよ・・・ブツブツ・・・・・。
 
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

和紙の照明

180416blog01

 
2018.04.16.
 
『灯の家』の家が3月24日に完成したけれども、なかなかブログが書けない・・・。あれからずっと、怒涛の忙しさが続いてしまい・・・。
 
Facebookでは、毎日のように何か簡単な記事を更新しているので、ご興味の方は、そちらを見てください。まぁ、本当は同じようにブログに書かなければならないんですけどね!
 
Facebookは、アグラ設計室のHPから簡単に見れるようになっています。
 
180416blog02
 
さて、FBにも書いた記事ですが・・・。
 
昭和時代の部屋の照明は、蛍光灯器具を天井に直付けする方式が主流でした。蛍光灯であれば、空間すべてを比較的均一に照らします。
 
ただし、蛍光灯であってもそれほど器具の値段が安いわけでもなく、そして『箱』として区切られた部屋の床壁天井すべての場所を照らしてしまうと、実は意外に落ち着き感が無い部屋になってしまいます。
 
同じ程度のコストでも、楽しい器具を使い、照明の重心を下げてみてください。重心を下げるとは、照明器具を(天井でなく)壁面や空中に持ってきて(ペンダント式)、必要なところのみを照らすようにする事です。
 
天井辺りは暗くします。しかし光源の位置が下がるので、ランプの数を増やしたとしても、照度の低い器具でも十分に明るくなります。すると、部屋に落ち着き感と高級感が出てきます。そして、日中の疲れをリラックスさせる雰囲気が出てきます。
 
写真のような和紙のシェードのもの等、お気に入りの照明器具が目につくところにあると昼間でも楽しい気分になり、電気を付けていない時も価値あるランプになりますよ・・・ブツブツ・・・・・。
 
あっと、【灯の家】の完成写真が、もうすぐ出来上がってきます。それは、改めてアップします・・・!
 
by agra (バイアグラ)

|

この家の名は。

180301blog01_2

 
2018.03.01.
 
アグラ設計室の物件には、いつもそれぞれ名前を付ける。
 
創り手(住まい手)と、造り手(家を造ってくれる職人さん達)と、作り手(建築家)が、一つの建物を只の物件として流さず、皆がベクトルを同じにして、そこでの心地良い生活を想像しながら完成させてほしいからだ。
 
各々の名前には、もちろん特別な意味がある。ただし、これはここでは説明できない。『想い』だから。
 
もうすぐ完成するこの家の名は、【灯の家】。この名前には、いろんな想いがこもっている。
 
180301blog02
 
3/24(土)は、オープンハウス(完成見学会)。そこでなら、いろいろな想いも、お伝えできるかもしれない・・・ブツブツ・・・・・( ̄▽ ̄)!!
 
by agra (バイアグラ)

|

青空に映える低い屋根

B448432b17bb48e8b17f7c0116b45788

2018.02.27.

よく見ると、まだ照明器具が入っていませんが、今日は春の最高の天候の元、外構造園工事と、内部左官工事が絶好調で進んでいます。

外観はガルバリウム鋼板貼りですが、木の香りムンムンの表情です。ただし、色落ち(色あせ)やクロズミ(カビ等)がすぐに発生しないような工夫もたくさんされています。

この庇は、無垢レッドーシダーの色ランダム貼りとサイディング貼り。いつものアグラ仕様です。いつも目に入る部分とそうでない部分を上手く使い分けて、いつまでも綺麗な木目を見せたいという意匠です。

 

3/24(土)は、【灯の家】一日だけのオープンハウス(完成見学会)を行います。ぜひこの機会に、アグラ設計室が作るお家の空気感や考え方を見に来てください。事前予約制になりますが、お気軽に。大きなお家ではありませんが、生活を楽しくする工夫がいっぱいです!

ご予約は、【agra@nifty.com】or【090-9790-0865】まで!

 

※事前予約制の訳;予約制としないと、やはりどうしても来訪者が特定の時間に集中してしまいます。そうなると、せっかくの建物の空気感を感じていただく事が難しくなります。今回は一日だけですから一組ずつ入場という訳には参りませんが、なるべく少ない人数でゆっくり見ていただきたいため、事前にご予約をお願いします。

3/24(土)9:00~16:00を予定しています。

by agra (バイアグラ)

 

|

オープンハウス(完成見学会)のお知らせ

180225blog09

 
2018.02.25.-006
 
決して大きな家ではありませんが、こんな広々して面白い玄関があります。平屋のような2階建てで、和モダン。冬暖かく夏涼しい工夫が随所にされていますが、『住むこと』そのものが楽しくなる仕掛けが満載・・・。そんな家がこの【灯の家】です・・・!
 
3/24(土)は、一日だけのオープンハウス(完成見学会)を行います。ぜひこの機会に、アグラ設計室が作るお家の空気感や考え方を見に来てください。事前予約制になりますが、お気軽に。大きなお家ではありませんが、生活を楽しくする工夫がいっぱいです!
ご予約は、【agra@nifty.com】or【090-9790-0865】まで!
 
※事前予約制の訳;予約制としないと、やはりどうしても来訪者が特定の時間に集中してしまいます。そうなると、せっかくの建物の空気感を感じていただく事が難しくなります。今回は一日だけですから一組ずつ入場という訳には参りませんが、なるべく少ない人数でゆっくり見ていただきたいため、事前にご予約をお願いします。
3/24(土)9:00~16:00を予定しています。
 
by agra (バイアグラ)

|

キッチンが良い・・・

180225blog07

 
2018.02.25.-005
 
いつもの、シナベニアをメインにした家具です。今回のプランでは、本当にタップリの収納量が確保できた。
 
この正面の三段の引違戸がある収納は、奥行きが70cmもあります。隣に置く冷蔵庫と合わせる事が出来たから。
 
普通ならこんな奥行きの食器収納は考えれないが、プランがとても上手く行き、また右隣の本棚の奥行きを30cmにしているために、奥行きが深い事の違和感を全く感じさせません。もちろん、奥には普段ほとんど使わない食器、手前には、いつも使う食器を置きます。
 
180225blog06
 
内部は、白い(ほんの少しだけアイボリーの)メラミン化粧合板とポリ合板で造られている。清掃性良く、キレイで明るく、奥にある食器の柄も目立ちやすい。
 
食器庫として、大切なことです。
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

おかあさんテーブル

180225blog08

 
2018.02.25.-004
 
キッチンの中に低めのワーキングテーブル。
 
本来は冷蔵庫などが来ても良い場所かもしれないが、風取りの裏ワザ窓をここに設けたかったため、そこをうまく利用して『おかあさんテーブル』を。
 
自然光で手元がとても明るくなるが、足元の地窓のために、夏に抜群に涼しいところとなる。
 
と言って冬が寒いかというと、この地窓の前には、床下暖房の吹き出し口を設けているので、やはりジンワリと暖かいハズ。
 
左側には、料理本や家計簿なども入れられる本棚があるため、実は主婦(あるいは主夫)にとって最高の場所になるかもね!
 
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

木目の美

180225blog02

 
2018.2.25.-003
 
木造の家を売り文句にしながら、木目が無視されてる事が少なくないか。
 
これは、階段手すりんの端部です。棟梁が、現場で磨き上げました。
 
180225blog0202_2
 
木目の美しさを十分に引出す材料の選択とセンスのある磨き出し。
ここまでやってもらうは、申し訳ないほどの出来栄え。
 
これは、これから木に染み込む自然塗料の含浸塗料を施す。
まずは、オスモのエクストラクリアー。
 
180225blog04
 
これが、1度目を塗ったところ。あまりの美しさに、本当に惚れぼれする・・・。
 
十分に乾いたら、いつも手に触るところには、もう一度手垢の付きにくい含浸塗料を塗る。
ちょうど、今日の今頃、塗られているはずだ。
写真はまた次回・・・。
 
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

造作家具工事が進む

180225blog05

 
2018.02.25.-002
 
これは、4日前の姿。遂に、造作家具が入ってきた。
 
これまで、建物の器の部分について、毎日大工と話しながら造り上げてきたのだが、家具が入ると、命が入ったような、生活感がグッとでてきます。いよいよだなぁ・・・と。
by agra (バイアグラ)

|

平屋にも見える2階建て・・・!もうすぐ完成!

180225blog01

 
2018.02.25.
 
毎日Facebookばかりいくつも更新しながらずっとサボってきたBlog...。本来は、Blogこそ、自由にいろいろな事が書けるだけどね。
 
これからしばらく、もうすぐ完成するこの【灯の家】のここから最後までの道のりを、短い文章で綴りたいと思う。今日は日曜だし、まとめて4つくらい書けるかな・・・。
 
2/9(金)、足場が取れた日。平屋にも見える2階建ての、かわいらしい和モダンの佇まいが現れた。
 
耐久性のとても良いガルバリウムの屋根と壁に、温かみがあり少し和の感じを出すピーラー(米松の一種)でアクセントをつけた建物。これから外構造園工事を進めると、またガラッと雰囲気が変わるハズ。
 
by agra (バイアグラ)

|