久しぶりのテンポ!

181009blog01

2018.10.17.
 
久しぶりに店舗のデザインの契約をいただいた。小さな美容院だ。
 
長い間店舗をやっていないので、申請が必要なのかどうかも忘れてしまったなぁ・・・( ̄▽ ̄)!!(笑)
 
マジメな話、こういう1階のテナントは、初めて。
 
昔の物件は、床が土間でなく『土』だった事にビックリ!確かに構造的は成り立つし、これから配管などをするにも簡単に埋設できるので、床を上げる必要もない。
 
まぁ、良し悪しの本当のところは分からないが。湿度が怖いし・・・。
 
ともかく、面白いものを作りたい。住宅以外の物を作るのも、タマには良いかもしれないな。
 
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

すっごい清々しい、秋!

181008blog01
 

2018.10.08.

 
またまた、非常な忙しさにかまけて、ブログを3ヶ月も休んでしまいました。それでも地味にカウントが伸びているのは、ありがたいような、申し訳がないような・・・。
 
書きたいネタは、本当に山のようにあるんだけども・・・( ̄▽ ̄)!!
 
インスタグラムは、毎日更新しています。住宅作りのアイディアを少しずつUPしているので、お気持ちのある方は、そちらも見てくださいね。
今日のこの地方は、秋晴れ。台風のために、10月としては暑いけども、やはり10月は清々しい。
 
この写真のお宅は3月に完成したもので、木々に緑も付き、芝生もすかっり青くなっています。お嬢さんが遊ぶ姿が、とてもまぶしいですよ・・・!
 
by agra (バイアグラ)
 
アグラ設計室公式インスタは、これ!これは、本当に役に立ちますよ!
https://www.instagram.com/agradesignroom/

| | コメント (0)

2000円のパフェセットは、これなら安いわ!

180723001a5

 
2018.07.23.
昨日のセントレアデッキの外気温は、40℃なんて軽く越えるだろう、ほぼ拷問状態・・・。日曜の午前だからなのか、首にタオルを巻いた『カメラオジさん達』がシェツをベトベトにして渦巻いている。
 
180723001a1
 
まだマニアの域には入り切れていない娘と私も、そこで20分ほど離発着する飛行機達を眺めるが、これは危険レベルと判断してサッと足元のレストランカフェへ。セントレアデッキの最先端、スカイデッキ下にあるフランス料理店『クイーン・アリス』。鉄人・石鍋氏がオーナーシェフという、飯を食うとなると我々にとっては相当の敷居の高さだが、おかげでお客様は少ない。
 
180723001a4
 
せっかくの娘とのデート。ちょっと贅沢して、パフェドリンクセットを頂く事に・・・。360度での滑走路の眺望、静かで明るく品の良い内装、快適な温度のエアコン、2,000円と高価だが超が付くほど美味しいパフェセットは、美味しいドリンクが飲み放題・・・!!当たり前だが、最高です。
 
180723001a3
 
更には、窓の外には、ドリームリフターが・・・!もうこれは、マニアでないとわからない世界だが、世界に4機しかないボーイングの超大型貨物輸送機。日本ではセントレアでしか見れない。それも10日に1回ほどと聞く。2人とも、大満足・・・( ̄▽ ̄)!!
 
180723001a6
 
お尻の方が、大きく開く・・・!
 
180723001a7
 
この猛暑の夏、名古屋近郊の人には是非お勧めしたいデートコース。特に飛行機や空港好きにはたまらない・・・!次回は夕方のディナーを妻と。それが夢。
 
叶う夢か、かなわぬ夢か・・・ブツブツ・・・・。
 
by agra (バイアグラ)

|

玄関って、一番大切だということを忘れない

180716001a1

 
2018.07.16.
 
両家のご両親が初めての節句の時に『兜』や『弓』『羽子板』『人形』などをくださる。
 
皆幸せで、とっても嬉しいんだけど、家を建てる時になって『どうしよう・・・』と困ることが・・・。
 
玄関に間仕切りの造作家具。向こう側は靴の脱ぎっぱなしも気にならない家族玄関。
 
ここに入れると、皆がすごく喜んでくれて、ずっと『ジャマ』にならない。ホコリもかぶらない。魔法のつい立・・・( ̄▽ ̄)!!
 
by agra (バイアグラ)

|

涼しそうなカット

180715ins02

 
2018.07.15.
 
お庭は純和風の既存の物を、新しい和モダンな建物に合わせて少し手を入れただけ。
 
ただ足が少し不自由になった施主様が、昔から大好きだった庭の樹々に裸足のまま直接触れられるようにしました。
 
大切な物は残し、これまで以上に暮らしに取り込む工夫です。でも、雑草があまり生えないようにもしていますよ。
 
by agra (バイアグラ)

|

agra-Instagram(アグラインスタ)始めました!

180607blog01

 
2018.06.07.
 
先月から、アグラ設計室のインスタを始めました。
 
というか、実は、以前からページは作ってあったんですが、たくさん画像データを保存しいるPCからUPしたくて、でも遣り方がわからず動かしていなかったもの。
 
ここでは、できるだけ毎日、いろんな住宅のアイディアをUPします。
 
基本的には、アグラ設計室の物件写真を上げますが、掲載が可能なものなら、アグラが本当に素晴らしいと思う建築もUPしていきます。
 
ホームページもFacebookもありますけどね・・・。アイディアの写真だけをパッと見るには、instagramの方が、画像がすぐにたくさん見れて簡単ですから。
 
180607blog02
 
アグラ設計室公式インスタグラム;
https://www.instagram.com/agradesignroom/
 
ただ、またフォローの増やし方とか、わからないんですよね~。Facebookとは違って、友人でない人からどんどん『♡マーク』はいただけるんだけど・・・。
 
みなさん、フォローお願いします・・・ブツブツ・・・・・( ̄▽ ̄)!!(笑)
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

伊礼智先生物件を丸1日味わう

180529blog01

 
2018.05.29.
 
先日、日本を代表する住宅建築家『伊礼智』先生から、なんとも嬉しい機会を頂きました。超大手建築雑誌社から、3年程前に完成したある住宅の掲載依頼があるのだが、掲載用の写真撮影に設計者の代理として立ち会ってほしいと・・・。
 
最近は、万が一の施主様と雑誌カメラマンとの間のトラブルを避けるために、取材時に設計者立会いを求められることがあります。特に大手雑誌社は、この辺りをキチンとわきまて設計者にお願いするのですが、本当に有名な先生は日本中に物件があるため、現地に自分や所員を回せない時もあります・・・。写真撮影となると、雨天では延期とするために、予定を抑えるのも難しいと・・・。
 
180529blog02
 
今回のこの建物は、アグラ設計室アトリエがある四日市から車で30分程度の鈴鹿市にあります。そこで、住宅デザイン学校のOBの私に白羽の矢が立ったということです。
  
住宅面積として25坪ほど。しかしながら、何とも贅沢な気分させてくれる建物です。
 
交通量の多い通り沿いにあり、北と西の道路に面すというのも、あくまで良い条件ではありません。しかし、それにも関わらず、内と外を巧みに繋ぎ、西日が暑いという感覚もまるでなく、静かに落ち着いて、何か余裕を持って暮らすことできる・・・そんな素晴らしい住宅です。
 
180529blog03
 
実は3年前にこの建物が完成した時にも、見学をさせてもらいました。その時点でも、設計というもののレベルの違いを感じ、本当に感動しました。
 
でもその時は、どうだろう、長く居たつもりでも1時間くらいの見学。見学会というのは、もちろん、他にも多くの来場者がいますから、建物の納まりを見る事は出来ても、実際の空間を感じ、設計者と施主の意図を完全に理解するのは難しいものです。
 
今回は、朝の光・昼の光から夕景まで撮影したいという雑誌社の希望。施主様とカメラマンと私の3人だけで、時間の移り変わりをたっぷり味わう事ができました。なかなか普通の見学では、これは体験できません・・・( ̄▽ ̄)!! 正直、難しい仕事がある訳でなく、ただただ幸せでした・・・!
 
180529blog04

造園は、有名な造園家の荻野寿也さんのもの。小さな庭が複雑に、そして活き活きと絡み合うのですが、いつものように伊礼建築にぴったりフィットして最高です。荻野さんも、庭で暮らしを楽しくする方法をよく知っています。

伊礼先生の建物も、荻野先生の建物も、決して完成した後に何もしない楽な建物ではありません。しかし、ここに3年住んだ施主は、とても楽しそうでした。建物と庭をキープ維持をする事を楽しみ、そして変化自体を楽しんでいるようでした。
 
そういう気持ちにさせるんですよね、良い建築と、良い建築家・造園家は・・・ブツブツ・・・・・( ̄▽ ̄)!!

by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

平屋に見える2階建ての家

180518blog01

2018.05.18.
 
Instagramを2種類とFacebookを2種類やっていると、なかなかブログが進みませんねぇ。前回から、また1ヶ月経ってしまった。ネタは、ホントに山ほどあるんですけど・・・。
 
ブログでしかアグラ設計室の事を知らない人には、仕事をしていないかと思われますよね。毎日バタバタと、非常に忙しくしています。特に、今年は自治会自主防災隊隊長と、さらに自治会会長も兼務しているため、いや、逆に、本業は十分に出来ていないかも・・・。
 
先日完成した【灯の家】も、写真も上がってきて、とても良い評判を頂いています。施主ご主人の始めの希望に『平屋』というキーワードがあって、面積的に平屋は難しかったのですが、このように、平屋に見える2階建ての家となりました。
 
隣家や近隣の中でも特に屋根が低いのですが、でもだからこそ、存在感があります。やっぱり、他にはない建物になりました。
 
早く、もっと緑が付いてほしい!最高に気持ちいい家になりますよ・・・ブツブツ・・・・・。
 
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

和紙の照明

180416blog01

 
2018.04.16.
 
『灯の家』の家が3月24日に完成したけれども、なかなかブログが書けない・・・。あれからずっと、怒涛の忙しさが続いてしまい・・・。
 
Facebookでは、毎日のように何か簡単な記事を更新しているので、ご興味の方は、そちらを見てください。まぁ、本当は同じようにブログに書かなければならないんですけどね!
 
Facebookは、アグラ設計室のHPから簡単に見れるようになっています。
 
180416blog02
 
さて、FBにも書いた記事ですが・・・。
 
昭和時代の部屋の照明は、蛍光灯器具を天井に直付けする方式が主流でした。蛍光灯であれば、空間すべてを比較的均一に照らします。
 
ただし、蛍光灯であってもそれほど器具の値段が安いわけでもなく、そして『箱』として区切られた部屋の床壁天井すべての場所を照らしてしまうと、実は意外に落ち着き感が無い部屋になってしまいます。
 
同じ程度のコストでも、楽しい器具を使い、照明の重心を下げてみてください。重心を下げるとは、照明器具を(天井でなく)壁面や空中に持ってきて(ペンダント式)、必要なところのみを照らすようにする事です。
 
天井辺りは暗くします。しかし光源の位置が下がるので、ランプの数を増やしたとしても、照度の低い器具でも十分に明るくなります。すると、部屋に落ち着き感と高級感が出てきます。そして、日中の疲れをリラックスさせる雰囲気が出てきます。
 
写真のような和紙のシェードのもの等、お気に入りの照明器具が目につくところにあると昼間でも楽しい気分になり、電気を付けていない時も価値あるランプになりますよ・・・ブツブツ・・・・・。
 
あっと、【灯の家】の完成写真が、もうすぐ出来上がってきます。それは、改めてアップします・・・!
 
by agra (バイアグラ)

|

灯の家、いよいよ

180308blog01

2018.03.08.

内部が、ほぼ終わった感じ。明日から『ダメ直し』です。

外構造園が、あと1週間かな。

週末にはクリーニングをして、来週は検査三昧。

再来週はもう少しダメ直しをして、写真撮影して、週末にはオープンハウス(完成見学会)。

そして、いよいよ引き渡し。

早くいろいろな写真をお見せしたいところです・・・!

しかし、また娘を嫁に出します。

今回の娘、特にかわいかったな・・・ブツブツ・・・・・(*´Д`*)!!

by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

この家の名は。

180301blog01_2

 
2018.03.01.
 
アグラ設計室の物件には、いつもそれぞれ名前を付ける。
 
創り手(住まい手)と、造り手(家を造ってくれる職人さん達)と、作り手(建築家)が、一つの建物を只の物件として流さず、皆がベクトルを同じにして、そこでの心地良い生活を想像しながら完成させてほしいからだ。
 
各々の名前には、もちろん特別な意味がある。ただし、これはここでは説明できない。『想い』だから。
 
もうすぐ完成するこの家の名は、【灯の家】。この名前には、いろんな想いがこもっている。
 
180301blog02
 
3/24(土)は、オープンハウス(完成見学会)。そこでなら、いろいろな想いも、お伝えできるかもしれない・・・ブツブツ・・・・・( ̄▽ ̄)!!
 
by agra (バイアグラ)

|

青空に映える低い屋根

B448432b17bb48e8b17f7c0116b45788

2018.02.27.

よく見ると、まだ照明器具が入っていませんが、今日は春の最高の天候の元、外構造園工事と、内部左官工事が絶好調で進んでいます。

外観はガルバリウム鋼板貼りですが、木の香りムンムンの表情です。ただし、色落ち(色あせ)やクロズミ(カビ等)がすぐに発生しないような工夫もたくさんされています。

この庇は、無垢レッドーシダーの色ランダム貼りとサイディング貼り。いつものアグラ仕様です。いつも目に入る部分とそうでない部分を上手く使い分けて、いつまでも綺麗な木目を見せたいという意匠です。

 

3/24(土)は、【灯の家】一日だけのオープンハウス(完成見学会)を行います。ぜひこの機会に、アグラ設計室が作るお家の空気感や考え方を見に来てください。事前予約制になりますが、お気軽に。大きなお家ではありませんが、生活を楽しくする工夫がいっぱいです!

ご予約は、【agra@nifty.com】or【090-9790-0865】まで!

 

※事前予約制の訳;予約制としないと、やはりどうしても来訪者が特定の時間に集中してしまいます。そうなると、せっかくの建物の空気感を感じていただく事が難しくなります。今回は一日だけですから一組ずつ入場という訳には参りませんが、なるべく少ない人数でゆっくり見ていただきたいため、事前にご予約をお願いします。

3/24(土)9:00~16:00を予定しています。

by agra (バイアグラ)

 

|

オープンハウス(完成見学会)のお知らせ

180225blog09

 
2018.02.25.-006
 
決して大きな家ではありませんが、こんな広々して面白い玄関があります。平屋のような2階建てで、和モダン。冬暖かく夏涼しい工夫が随所にされていますが、『住むこと』そのものが楽しくなる仕掛けが満載・・・。そんな家がこの【灯の家】です・・・!
 
3/24(土)は、一日だけのオープンハウス(完成見学会)を行います。ぜひこの機会に、アグラ設計室が作るお家の空気感や考え方を見に来てください。事前予約制になりますが、お気軽に。大きなお家ではありませんが、生活を楽しくする工夫がいっぱいです!
ご予約は、【agra@nifty.com】or【090-9790-0865】まで!
 
※事前予約制の訳;予約制としないと、やはりどうしても来訪者が特定の時間に集中してしまいます。そうなると、せっかくの建物の空気感を感じていただく事が難しくなります。今回は一日だけですから一組ずつ入場という訳には参りませんが、なるべく少ない人数でゆっくり見ていただきたいため、事前にご予約をお願いします。
3/24(土)9:00~16:00を予定しています。
 
by agra (バイアグラ)

|

キッチンが良い・・・

180225blog07

 
2018.02.25.-005
 
いつもの、シナベニアをメインにした家具です。今回のプランでは、本当にタップリの収納量が確保できた。
 
この正面の三段の引違戸がある収納は、奥行きが70cmもあります。隣に置く冷蔵庫と合わせる事が出来たから。
 
普通ならこんな奥行きの食器収納は考えれないが、プランがとても上手く行き、また右隣の本棚の奥行きを30cmにしているために、奥行きが深い事の違和感を全く感じさせません。もちろん、奥には普段ほとんど使わない食器、手前には、いつも使う食器を置きます。
 
180225blog06
 
内部は、白い(ほんの少しだけアイボリーの)メラミン化粧合板とポリ合板で造られている。清掃性良く、キレイで明るく、奥にある食器の柄も目立ちやすい。
 
食器庫として、大切なことです。
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

おかあさんテーブル

180225blog08

 
2018.02.25.-004
 
キッチンの中に低めのワーキングテーブル。
 
本来は冷蔵庫などが来ても良い場所かもしれないが、風取りの裏ワザ窓をここに設けたかったため、そこをうまく利用して『おかあさんテーブル』を。
 
自然光で手元がとても明るくなるが、足元の地窓のために、夏に抜群に涼しいところとなる。
 
と言って冬が寒いかというと、この地窓の前には、床下暖房の吹き出し口を設けているので、やはりジンワリと暖かいハズ。
 
左側には、料理本や家計簿なども入れられる本棚があるため、実は主婦(あるいは主夫)にとって最高の場所になるかもね!
 
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

木目の美

180225blog02

 
2018.2.25.-003
 
木造の家を売り文句にしながら、木目が無視されてる事が少なくないか。
 
これは、階段手すりんの端部です。棟梁が、現場で磨き上げました。
 
180225blog0202_2
 
木目の美しさを十分に引出す材料の選択とセンスのある磨き出し。
ここまでやってもらうは、申し訳ないほどの出来栄え。
 
これは、これから木に染み込む自然塗料の含浸塗料を施す。
まずは、オスモのエクストラクリアー。
 
180225blog04
 
これが、1度目を塗ったところ。あまりの美しさに、本当に惚れぼれする・・・。
 
十分に乾いたら、いつも手に触るところには、もう一度手垢の付きにくい含浸塗料を塗る。
ちょうど、今日の今頃、塗られているはずだ。
写真はまた次回・・・。
 
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

造作家具工事が進む

180225blog05

 
2018.02.25.-002
 
これは、4日前の姿。遂に、造作家具が入ってきた。
 
これまで、建物の器の部分について、毎日大工と話しながら造り上げてきたのだが、家具が入ると、命が入ったような、生活感がグッとでてきます。いよいよだなぁ・・・と。
by agra (バイアグラ)

|

平屋にも見える2階建て・・・!もうすぐ完成!

180225blog01

 
2018.02.25.
 
毎日Facebookばかりいくつも更新しながらずっとサボってきたBlog...。本来は、Blogこそ、自由にいろいろな事が書けるだけどね。
 
これからしばらく、もうすぐ完成するこの【灯の家】のここから最後までの道のりを、短い文章で綴りたいと思う。今日は日曜だし、まとめて4つくらい書けるかな・・・。
 
2/9(金)、足場が取れた日。平屋にも見える2階建ての、かわいらしい和モダンの佇まいが現れた。
 
耐久性のとても良いガルバリウムの屋根と壁に、温かみがあり少し和の感じを出すピーラー(米松の一種)でアクセントをつけた建物。これから外構造園工事を進めると、またガラッと雰囲気が変わるハズ。
 
by agra (バイアグラ)

|

灯の家 クライマックス

180209blog001
 
2018.02.10.
 
時間を掛けて、ゆっくり作られてきた『灯の家』も、クライマックスに入ってきました。今日で大工の部屋内部分の工事が終わり、塗装・左官等にバトンタッチです。
 
基礎工事からたった2ヶ月で完成させてしまうハウスメーカーもあります。工期優先で選ぶのも一つの正解でしょう。一方少し時間が掛かりますが、本物の技術を持った大工と建築家が、住まい手の顔や、これから始まる新しい生活の中での所作を思い浮かべながら、大きな部分から小さな部分まで一つ一つ一生懸命考えて作る家を選ぶのも正解・・・。
 
この写真にあるような、大工が自らの手で現場で磨きだす木目を見れば、同じ値段でも価値が全く違う事がすぐにわかってもらえると思います。
 
『灯の家』(四日市市内)。3/24(土)に、一日だけのオープンハウス(完成見学会)を行います。平屋にも見える2階建ての和モダン住宅です。是非一度、この気持ちの良い『家』をご覧ください。詳細な場所は、個人情報の関係がありますので、アグラ設計室にご連絡ください。
 
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

小さな光を『落とす』

171122blog01

2017.11.22.
 
小屋の組み立てが終わり、屋根工事が完了したばかりの『灯の家』。
 
お気に入りの写真が撮れたのだが、アトリエに帰って見るみると、この写真でニマッと出来るのは、自分だけだろうなぁ・・・と思う。FBに挙げて拡散しようと思ったが、まだブログで満足しておこう・・・。
 
南流れの屋根に小さな天窓が二つ。ここは階段の上。
 
これらは、足元を安全に照らすことが第一の目的であるが、もう一つ大切な役目を持っている。
 
1階のリビングを吹抜けにし、南の大きな窓と北の窓で光を流しながら、低めに設定した吹抜けの斜め天井面を暗くすることで、生活のしやすい十分な明るさと、頭のスカスカしない落ち着きの空間を作りたい。
 
その時に、暗くした吹抜け天井の一部から天使の光を落とす。物語の一場面である。
 
シッカリした『構造』と、ヒートショックの少ない『断熱気密』、そして生活がしやすく家族に笑みを生む『動線』を作る事が設計者の役目。どれもおろそかには出来ない。
 
さらに、時間と季節によって変化する『物語』をつくる。それが出来るのも、設計という仕事の醍醐味だ。
 
この写真では、まだ自分だけしかニマッと出来ないですがね・・・ブツブツ・・・・・!
 
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

御所の応接室

171106blog01

2017.11.06.
 
トランプさんも相変わらずのようで、実は大統領という立場で各国の要人達に会い、仕草や物腰が少しずつ堂に入ってきたように思う・・・とまぁ、そんな事を言う立場でもないか・・・( ̄▽ ̄)!!
 
政治の話はどうでもよく、この部屋・・・。以前にも陛下がサウジアラビアの王子とご会見された時に使ったこの部屋ついて投稿したが、アラブ圏の方々から『この空間が、日本の最高のミニマリズムを表している!』『装飾がほとんどなく、空間の謙虚さが美しい!』と紹介されていた御所の応接室だ。
 
171106blog02
 
『カーペットですらシンプルだ!』『偉大な日本の人々のシンプルさの象徴だ!』『天皇の地位にある方の部屋がこれであるなら、もう尊敬するしかない!』という声もあった。
 
今回のトランプさんとの写真は少しアップすぎて、空間の持つ優美さと謙虚さがわかりにくいが、ハッとして、また我に戻されるような気持ちになる。
 
報道も、もう少し広角で建築の空気感を流してほしいな・・・。そして、この空間での天皇・皇后お二人のこの謙虚な姿勢が、どれほど日本のためになっているか・・・。
 
日本の素晴らしい所を伝えてほしいよ・・・ブツブツ・・・・・。
by agra (バイアグラ)

| | コメント (0)

«空間に出てきた形を見て・・・!